当院の治療方針

当院の4つの治療目標

当院は整形外科分野の症状を訴える患者さんに対して、全人的視点を導入することにより

 

● 全人的な痛みを軽くする

● 夢、希望、楽しみを応援する

● 未病を治し、命を守る

● 相対的健康を創造する

 

という4つを治療目標にしています。

 

整形外科を訪れる患者さんの症状を、専門病院へ紹介すべき身体の器質的疾患(手術や入院治療を要する)や身体の症状に潜んでいる精神疾患(うつ病、神経症など)かどうかを診断し、専門医に紹介した後に、

 

整形外科領域の症状を全人的医療の視点で見ることにより、4つの治療目標を実現します。

 

● 全人的な痛みを軽くする

整形外科領域の痛み(部分のからだ)などの症状は、全人間的(全体のからだ・こころ・環境・やりがい)な苦しみの一部の症状や疾患と位置づけ、診断し、いろいろな方法で治療を施すと同時に相談にのります。

整形外科疾患と間違えられ、見逃しが多く、治療法が難しい、機能性身体症候群(痛み、疲労、睡眠障害、その他の多彩な症状)を診断し、いろいろな方法で治療します。

 

夢、希望、楽しみを応援する

スポーツ選手、スポーツ愛好者、いろいろな趣味(畑仕事、釣り、山登り、旅行など)を応援するために診断、治療して、リハビリテーションで機能回復させ、トレーニング等で強化し、時にスポーツチームに帯同します。

 

未病を治し、命を守る

肩こり、腰痛、五十肩などを、疲労、ストレス病の機能性病態(未病、病気が発症する前の状態)と診断し、体を壊し、死に向かう方向を、いろいろな方法で、治療し、一緒に協力して寿命が長らえる生活習慣や考えへ修正していきます。

 

相対的健康を創造する

機能的病態、器質的疾患、致死的病態の方の痛みや苦しみに寄り添い、その方のたくさんの身体的な資源(健康な部分の身体、不自由ではない身体)、心理的な資源(考えた方の修正、生きる欲求の活用)、社会的な資源(家族、友人、地域社会など)、実存的な資源(生きる意味、やりがい)に気づき、利用し、総合的に整った状態、相対的健康、生きている喜びを一緒に創りあげていきます。