痛みと疲労:小径線維ニューロパチー(SFN)

 

痛みと疲労は、からだの不調を真っ先に教えてくれる症状であると言われています。

そして近年、明らかな原因のない痛みと疲労は、感覚神経自律神経であるsmall fiber(Aδ線維とC線維)が障害を受けて発症する小径線維ニューロパチー(small fiber neuropathy:以下SFN)の可能性があると考えられています。

 

 

 

 

 

 

 

小径線維ニューロパチー(small fiber neuropathy:SFN)

 

SFNの原因には、1,後天性(acquired)、2, 遺伝性(hereditary)、3,症候群性(syndromic)、4,特発性(idiopathic) の4つがあります。

 

そのうち特発性SFN(idiopathic SFN:iSFN)が約50%を占め、多因子、つまりたくさんの要因が絡みあって発症すると考えられています。そのたくさんの要因をまとめてホメオスタシスの歪み(ゆがみ)と捉えることができます。ホメオスタシスとは恒常性と訳され、健康や命を守るからだ全体のシステムのことです。ホメオスタシスの歪みとは、ホメオスタシスが正常に機能しない状態のことです。

 

 iSFNは、病気(器質的病態)が発症しないように、ホメオスタシスの歪みを、主に痛みと疲労の症状によって脳に伝えている状態と考えられます。

 

 iSFNの治療は、一つの専門分野の知識や考え方では困難です。複数の分野(multiple disciplinarity)によるアプローチが必要になります。それには多専門的(multidisciplinary)、学際的(interdisciplinary)および専門横断的(transdisciplinary)があります。これらのうち、iSFNの治療は、必要な専門分野を必要な部分だけをピックアップし、そしてそれらを現実に合うように体系づけまとめた方法論である、専門横断的(transdiciplinary)アプローチの導入が必要と考えます。

 

 

 

・Cazzato D, Lauria G: Small fibre neuropathy. Curr Opin Neurol 30(5): 490-499, 2017

・Voortman M, Fritz D, Vogels OJM, et al: Small fiber neuropathy: a disabling and underrecognized syndrome. Curr Opin Pulm

Med 23(5): 447-457, 2017

・Oaklander AL, Nolano M: Scientific Advances in and Clinical Approaches to Small-Fiber Polyneuropathy: A Review. JAMA Neurol.76(10): 1240-1251,

2019

・喜山克彦, 永田勝太郎: 機能性身体症候群の筋骨格系疼痛に対してホメオスタシスの歪みを中核病理とする意義. 慢性疼痛 40(1): 2021 in printing

・喜山克彦, 加藤晃己, 絹川典, 市川亜弥: 開業医療における専門横断的(transdisciplinary)アプローチ: 全人的な開業医療. Comprehensive medicine 全人的医療 20(1):   , 2021 in printing

 

 

SFNと考えられている症候もしくは病態

 

線維筋痛症(fibromyalgia:FM)の49%(病理検査+角膜共焦点顕微鏡検査)

筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome: ME/CFS)の31%(病理検査)

起立不耐症の一つである体位性起立頻脈症候群(postural orthostatic tachycardia syndrome:POTS)の38%(病理検査)

小径線維ニューロパチー(small fiber neuropathy: SFN)であったとの研究結果が報告されています。

 

 

以下の症候もしくは病態も同様にSFNと考えられています。

 

全身性労作不耐症(systemic exertion intolerance disease:SEID)

神経性起立性低血圧

けいれん

掻痒症

発汗異常

慢性頭痛

ドライアイ

ドライマウス

むずむず脚症候群(restless legs syndrome:RLS)

複合性局所症候群(complex regional pain syndrome:CRPS)

口腔内灼熱症候群(burning mouth syndrome:BMS)

異常感覚性背部神経痛(notalgia paresthetica)

異常感覚性大腿神経痛(meralgia paresthetica)

過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome:以下IBS)

機能性ディスペプシア(functional dyspepsia:FD)

間質性膀胱炎/膀胱痛症候群(interstitial cystitis/bladder pain syndrome:IC/BPS)

 

など

 

 

参考文献

・Grayston R, Czanner G, Elhadd K et al: A systematic review and meta-analysis of the prevalence of small fiber pathology in

fibromyalgia: Implications for a new paradigm in fibromyalgia etiopathogenesis. Seminars in Arthritis and Rheumatism 48: 933-

940, 2019

・Joseph P, Arevalo C, Oliveira RKF, et al: Insights From Invasive Cardiopulmonary Exercise Testing of Patients With Myalgic

Encephalomyelitis/Chronic Fatigue Syndrome. CHEST 6: 1-10, 2021

・Gibbons CH, Bonyhay I, Benson A, et al: Structural and Functional Small Fiber Abnormalities in the Neuropathic Postural

Tachycardia Syndrome. PLoS One 8(12): e84716, 2013

・Oaklander AL, Nolano M: Scientific Advances in and Clinical Approaches to Small-Fiber Polyneuropathy: A Review. JAMA

Neurol.76(10): 1240-1251, 2019

・Grayston R, Czanner G, Elhadd K et al: A systematic review and meta-analysis of the prevalence of small fiber pathology in

fibromyalgia: Implications for a new paradigm in fibromyalgia etiopathogenesis. Seminars in Arthritis and Rheumatism 48: 933-

940, 2019

・Joseph P, Arevalo C, Oliveira RKF, et al: Insights From Invasive Cardiopulmonary Exercise Testing of Patients With Myalgic

Encephalomyelitis/Chronic Fatigue Syndrome. CHEST 6: 1-10, 2021

・Levine TD: Small Fiber Neuropathy: Disease Classification Beyond Pain and Burning. Journal of Central Nerve System Disease 10:

1-6, 2018

・Oaklander AL, Klein MM: Evidence of Small-Fiber Polyneuropathy in Unexplained, Juvenile-Onset, Widespread Pain Syndromes.

PEDIATRICS 131(4):1091-1100, 2013

・Terkelsen: AJ,: Karlsson P, Lauria G et al: The diagnostic challenge of small fibre neuropathy: clinical presentations, evaluations, and causes. Lancet Neurol 16: 934-944, 2017

・Lawson VH, Grewal J, Hackshaw KV et al: Fibromyalgia syndrome and small fiber, early or mild sensory polyneuropathy. Muscle

Nerve 58: 625-630, 2018

・Voortman M, Fritz D, Vogels OJM, et al: Small fiber neuropathy: a disabling and underrecognized syndrome. Curr Opin Pulm Med

23(5): 447-457, 2017

・Zeidman LA: Advances in the Management of Small Fiber Neuropathy. Neuro Clin 39: 113-131, 2021

・Matthews CA, Deveshwar SP, Evans RJ, et al: Small fiber polyneuropathy as a potential therapeutic target in interstitial

cystitis/bladder pain syndrome. Int Urogynecol J 30(11): 1817-1820, 2019

・Chen A, De E, Agroff C. : Small fiber polyneuropathy is prevalent in patients experiencing complex chronic pelvic pain. Pain Med

20: 521-527, 2018

・Raasing LRM, Vogels OJM, Veltkamp M, et al: Current View of Diagnosing Small Fiber Neuropathy. J of Neuromuscular Diseases

8: 185-207, 2021

・Cazzato D, Lauria G: Small fibre neuropathy. Curr Opin Neurol 30(5): 490-499, 2017

・Farhad K: Current Diagnosis and Treatment of Painful Small Fiber Neuropathy. Curr Neurol Neurosci Rep 19(12):  -  , 2019

 

原因のはっきりしているSFN

 

1,後天性SFN

糖尿病(全SFNの約20%)・高トリセライド血症・尿毒症・ビタミンB12欠乏症・葉酸欠乏症・アルコール・過剰ピリドキシン( ビタミンB6)・抗レトロウィルス剤・化学療法剤・有機溶剤・スタチン・症例報告(一部の抗不整脈薬、一部の抗生物質、ボツリヌス菌、重金属(タリウム、鉛)、TNF-α阻害薬)・C型肝炎ウィルス・HIV・インフルエンザウィルス・ハンセン病・重度敗血症、敗血症性ショック・新型コロナウィルス・症例報告(エプスタインバーウィルス、単純ヘルペスウィルス、B型肝炎ウィルス、ワクチン接種(新型コロナウィルス、マイコプラズマ肺炎、風疹・梅毒・狂犬病・水痘・ライム病、ヒトパピローマウィルスワクチン))

 

2, 遺伝性SFN

・先天性Naチャネル障害・家族性アミロイドニューロパチー・遺伝性感覚神経障害および自律神経障害・ファブリー病・ポンペ病・エーラス・ダンロス症候群(非遺伝性あり)

 

3,症候群性SFN

・甲状腺機能低下症(橋本病)・セリアック病(遺伝性)・ギランバレー症候群・単クローナル・ガンモパチー・原発性アミロイドーシス・傍腫瘍性・サルコイドーシス・強皮症・シェーグレン症候群・紅斑性全身性エリテマトーデス・血管炎・パーキンソン病・中枢性感作(まだ結論はでていない)

 

 

・Terkelsen: AJ,: Karlsson P, Lauria G et al: The diagnostic challenge of small fibre neuropathy: clinical presentations, evaluations, and causes. Lancet Neurol 16: 934-944, 2017

・Cazzato D, Lauria G: Small fibre neuropathy. Curr Opin Neurol 30(5): 490-499, 2017

・Koike H, Takahashi M, Ohyama K, et al: Clinicopathologic features of folate-deficiency neuropathy. Neurology 84(10): 1026-1033, 2015

・Novac P: Post COVIC-19 syndrome associated with orthostatic cerebral hypoperfusion syndrome, small fiber neuropathy and benefit of immunotherapy: a case report. eNeurologicalSci 21: 1-2, 2020

・Waheed W, Carey ME, Tandan SR, et al: Post COVID-19 vaccine small fiber neuropathy. Muscle Nerve 64(1): E1-E4, 2021

・Ryabkove VA, Churilov LP, Shoenfeld Y: Neuroimmunology: What Role for Autoimmunity, Neuroinflammation, and Small Fiber Neuropathy in Fibromyalgia, Chronic Fatigue Syndrome, and Adverse Event after Human Papillomavirus Vaccination? Int. J. Mol. Sci. 20: 1-14, 2019

・Cazzato D, Castori M, Lombardi R, et al: Small fiber neuropathy is a common feature of Ehlers-Danlos syndromes. Neurology 87(2): 155-159, 2016

・Rouvroye: MD,: Zis P, Van Dam AM et al: The Neuropathology of Gluten-Related Neurological Disorder: A Systematic Review. Nutrients 12(3): 822, 2020

 

 

 

 

 

 

小径線維(small fiber)とは

© Katsuhiko Kiyama

 

 

 

小径線維ニューロパチー(SFN)発症の概要

 

小径線維(small fiber)は、健康や命を守るため、最前線で戦う、最ももろく最も自己犠牲的な神経です。

 

 

 

 

 

小径線維(small fiber)は、生体(ヒト)が健康であることに不都合なもの、例えば毒素感染症免疫攻撃などがあると、一時的な興奮性の変化誤作動、時には退化してしまいます。

 

 

小径線維ニューロパチー(SFN)の症候と病態による分類

 

SFNはその症候と病態により

 

小径線維Naチャンネル障害(small fiber sodium channel dysfunction:SFSCD

小径線維介在有痛性ニューロパチー(small fiber mediated painful neuropathy:SFMPN

小径線維介在広汎痛(small fiber mediated widespread pain:SFMWP

小径線維介在自律神経機能障害(small fiber mediated autonomic dysfunction:SFMAD

 

に分類されます。

 

・Levine TD: Small Fiber Neuropathy: Disease Classification Beyond Pain and Burning. Journal of Central Nerve System Disease 10: 1-6, 2018

・Raasing LRM, Vogels OJM, Veltkamp M, et al: Current View of Diagnosing Small Fiber Neuropathy. J of Neuromuscular Diseases 8: 185-207, 2021

 

 

 

 

 

小径線維・Naチャンネル障害(small fiber sodium channel dysfunction:SFSCD

 

 

 

小径線維介在・疼痛性神経障害(small fiber mediated painful neuropathy:SFMPN

 

 

感覚神経のニューロンのタイプは偽単極性ニューロンです。このニューロンは後根神経節内にある神経細胞体から2つの方向に軸索が伸びていきます。

 

小径線維(small fiber)の後根神経節は、血液-脳関門(blood-brain barrier、血液の有害物質から脳などの神経を守る壁)に守られず、その毛細血管は有窓性(穴あき)であり、ニューロン(神経細胞)の細胞体は血液由来の毒素、感染症、免疫攻撃に対して弱いようにできています。

 

 

 

 

 

小径線維の軸索(線維)は、細く、あるものは約1mの長さにもなり、血液や体液由来の毒素、感染症、免疫攻撃に対して弱いようにできています。

神経細胞は軸索で大切な物質を運んでいますが(軸索輸送)、細く長いため、何らかの要因が重なると、それが上手く機能せず、神経障害をきたしやすいと考えられます。

 

 

C線維は、軸索を取り囲む髄鞘(ずいしょう)がなく、エネルギーを節約できる跳躍伝導(ちょうやくでんどう)ではありませんエネルギーの不足の影響を受けやすいと考えられます。

SFMPNは一般に病理学的定義により

 

非長さ依存性小径線維ニューロパチー(non length-dependent small fiber neuropathy:NLDSFN

長さ依存性小径線維ニューロパチー(length-dependent small fiber neuropathy:LDSFN

 

に分類されます。

 

 

 

Levine Tはさらに、下のような分類も提言しています。

 

局所性小径線維単ニューロパチー(focal small fiber mononeuropathy)

多巣性小径線維単ニューロパチー(multifocal small fiber mononeuropathy)

自律神経優位の小径線維ニューロパチー(autonomic predominant small fiber neuropathy)

 

 

・Terkelsen: AJ,: Karlsson P, Lauria G et al: The diagnostic challenge of small fibre neuropathy: clinical presentations, evaluations, and causes. Lancet Neurol 16: 934-944, 2017

・Levine TD, Bellaire B, Arellano A, et al: A Proposed Taxonomy of Isolated Small Fiber Neuropathy. Neuromuscular Journal 1(4): 18-23, 2020

 

 

 

 

小径線維介在・広範痛(small fiber mediated widespread pain:SFMWP

 

 

 

 

小径線維介在・広範痛(small fiber mediated widespread pain:SFMWP

は大きく2つに分けられます。

 

 

一つは筋けいれん(muscle cramp)、もう一つは線維筋痛症(fibromyalgia:FM)です。

 

 

筋けいれん(muscle cramp)の研究において、神経因性疼痛(SFMPN)のない連続する筋けいれんの患者に対して皮膚生検を行ったところ60%SFNであったとの報告があります。

 

Lopate G, Streif E, Harms M, et al: Cramps and small-fiber neuropathy. Muscle Nerve 48(2): 252-255, 2013

 

 

 

線維筋痛症(FM)は、近年、虚血性筋痛(ischemic myalgia)の概念での報告があります。

この項目は、本ホームページにおける他の項目において述べています。

 

Queme LF, Ross JL, Jankowski MP: Peripheral Mechanisms of Ischemic Myalgia. Front Cell Neurosci 11: 1-15, 2017

 

 

 

 

小径線維介在・自律神経機能障害(small fiber mediated autonomic dysfunctionSFMAD

末梢自律神経系の遠心路の模式図

 

鈴木郁子(編著): やさしい自律神経生理学 命を支える仕組み. 中外医学者, 東京, pp11, 2015

 

 

 

 

自律神経(内臓求心路)の模式図

 

鈴木郁子(編著): やさしい自律神経生理学 命を支える仕組み. 中外医学者, 東京, pp50, 2015

 

 

 

 

 

 

 

小径線維介在・自律神経機能障害(SFMAD):ホメオスタシスの歪みによる血液内および体液内の物質的不足、毒素、感染症、免疫攻撃などにより優先的に障害を受ける。

 

・Science News from research organizations: Small nerve fibers defy neuropathy conventions. Johns Hopkins Medicine, April 11, 2016

 

 

 

心臓と血管の自律神経障害

心臓の自律神経の調子を悪くするために疲労感立ちくらみめまい息切れ頭痛などを引き起こし、血管の自律神経の調子を悪くするために、心臓に血液を十分に戻さなかったり、逆に手足の冷えがおきたりします。それらのことにより、起立不耐症という、長時間立つことや座ることが困難な状態になることもあります。

 

 

脳の霧(brain fog): 起立不耐症の一つである、体位性起立頻脈症候群(POTS)患者の138人中132人が脳の霧(brain fog)と表現される不明確な認知障害をきたしたとの報告があります。

この脳の霧(brain fog)の原因の一つとして、POTSで生じる過呼吸が呼吸性アルカローシスから神経ニューロンの興奮性変化を含む複数の影響を及ぼし、このことは低CO2性脳血管収縮による酸素需要、脳神経の興奮性、交感神経の活性化を推進します。さらに酸化ストレスを伴う虚血・再灌流障害(ischemia/reperfusion injury:IRI)が生じる可能性があります。

 

 

 

消化器の自律神経障害

消化器(胃や腸)の自律神経の調子を悪くし、腹痛、下痢、便秘などを引きおこし過敏性腸症候群の状態になることもあります。

 

 

 

その他の臓器の自律神経障害

泌尿器系、婦人科系、汗の調整などいろいろな臓器に影響を与えてしまいます。

 

 

 

洞窟(炭鉱)のカナリア

小径線維(Aδ線維とC線維)はからだの変調を真っ先に教えてくれます。

まるで洞窟(炭鉱)のカナリアです。

 

                                                                                by Polydefkins M

 

 

 

 

 

ホメオスタシス(恒常性)の歪みとsmall fiber neuropathy

からだの外からのストレスな刺激(ストレッサー)から、からだの状態を安定させ健康を維持するしくみをホメオスタシス(恒常性)といい、適応反応をすることをアロスタシスといいます。まとめてホメオスタシス(恒常性)として説明します。

 

ホメオスタシス(恒常性)の種類はさまざまです。その中で、small fiber(Aδ線維とC線維)に大きな影響を与え、痛みや疲労に主に関わっているものを、永田勝太郎先生は以下にように挙げました。特に、4~6を重視しました。また、4~6と関連して7が挙げられます。

 

1,自律神経系

2,内分泌系

3,免疫系

4,血行動態系

5,代謝系

6,酸化ストレス防御系

7,微小炎症(慢性炎症)

 

 

 

 

 

自律神経系と小径線維ニューロパチー(small fiber neuropathy)

ホメオスタシスの歪みは、真っ先に感覚神経(Aδ線維とC線維)自律神経(B線維とC線維)に悪影響を与えます。

障害を受けた自律神経は、真っ先に内臓の働きを悪くします。

心臓と血管の自律神経が障害を受けると、体中の血液の流れ(血行動態)が悪くなり、手足の虚血、脳の虚血、下肢や腹部の静脈の貯留を引き起こします。

そのせいで、いろいろなからだの症状が出現します。

 

 

 

 

 

 

内分泌系と小径線維ニューロパチー(small fiber neuropathy)

人は身体的(からだ)、心理的(こころ)、社会的(環境や参加)、実存的(やりがい、生きる意味)のストレスを受けます。

これらのストレスから視床下部ー脳下垂体ー副腎 軸(hypothalamic-pituitary-adrenal-axis:HPA axis) は体を守ります。

 

副腎からでるストレスホルモンであるコルチゾールは体内の炎症やアレルギーを抑える役割があります。

また一時的に血糖値を上げ、物質代謝を高める役割があります。

ストレスが慢性に続くとHPA axisの働きが悪くなり、コルチゾールの分泌が少なくなり、体のどこかの炎症を抑えることができません。

体内に炎症が起きると、発痛物質や炎症メディエーターといわれる物質があふれます。

 

small fiber(Aδ線維とC線維)はこれらの物質のために障害を受け小径線維ニューロパチー(SFN)が発症する可能性があります。

さらに、後根神経節内の侵害受容体変化などの末梢性感作や、脳や脊髄の神経細胞に対する影響による中枢性感作など、痛みを強く感じ、痛みが元に戻らない状態に至ることがあります。

 

 

・半場道子:慢性炎症と痛み. ペインクリニック 41(4): 513-522, 2020

 

 

免疫系と小径線維ニューロパチー(small fiber neuropathy)

免疫不全と小径線維ニューロパチー(SFN)の関係の報告があります。

橋本病による甲状腺機能低下症が4.4%であったとの報告があります。

・Lang: M,: Treister R, Oaklander AL: Diagnostic value of blood tests for occult causes of initially idiopathic small-fiber polyneuropathy. J Neurol 263(12): 2515-2527, 2016

・永田勝太郎:線維筋痛症の背後に潜む疾患. 慢性疼痛 34: 191-194, 2015

 

 

血行動態(自律神経系と血圧調整系)と小径線維ニューロパチー(small fiber neuropathy)

からだにストレスがかかると、血液の流れ(血行動態)が変化します。

ドイツの自律神経学者のデリウスは、ストレスによる血液の流れ(血行動態)の身体に良くない変化をDysdynamische Syndromeと定義しました。

日本では、東京大学心療内科の教授であった石川中(ひとし)先生が、デリウスの分類をわかりやすく表現し心身医学の医学書で紹介しました。

東邦大学や浜松医科大学心療内科などに在籍していた永田勝太郎先生は、血行動態不良症候群と和訳し、この症候群が身体の痛みと関連していることを数々報告しています。

ドイツでは、現在でもDysdynamische Syndromeの疾患名を使用しています。

 

血行動態不良症候群高反応型低反応型に分類されます。

高反応型は急性のストレス反応で、心臓が全身に送る血液量が通常より多くなります。

低反応型は慢性のストレス反応で、心臓が全身に送る血液量が通常より少なくなります。

 

低反応型になると、強い疲労感、立ちくらみ、めまい、息切れ、頭痛、時に失神することがあり、起立不耐症あるいは起立性調節障害と呼ばれることがあります。

低反応型は、坐位や立位で末梢の血管が自律神経系の反応で強く締まってしまい、筋肉(fascia)やsmall fiberは血液が足りない状態(虚血)となります。

そして、その後末梢の血管がゆるむことにより血液が再度流れ(再灌流)ます。

 

この虚血と再灌流の繰り返しは、活性酸素種などの筋肉(fascia)やsmall fiberを痛める物質が作り出され、小径線維ニューロパチー(SFN)の痛みとなる可能性があります。

低反応型は、心臓の筋肉の疲れ(心原性:心筋代謝異常)と心臓を動かす自律神経の働きの鈍り(神経原性:小径線維ニューロパチー)で起きる可能性があります。

生まれつき、心臓が疲れやすく、自律神経の働きも鈍りやすいタイプの方もいます。

 

心臓の筋肉の疲れ(心原性:心筋代謝異常)の原因として、

血糖値の異常(低血糖、血糖値スパイク)とそれに伴うミトコンドリア内酵素の糖化(メイラード)反応タンパク質や脂質摂取のアンバランスビタミン類や鉄の不足低酸素、活性酸素種などの酸化ストレスの増加や、体の中にある抗酸化物質(コエンザイムQ10、ビタミンA,C,E、グルタチオン、リポ酸、ウロビリノーゲン、ビリルビンなど)の減少などが挙げられます。

 

・Delius: L, Fahrenberg J et al: Psychovegetative Syndrome. Stuttgart George Thieme Verlag, Stuttgart 290: 1996

・石川中:循環器心身症の進歩.医学と薬学3:197-202,1980

・永田勝太郎,村山亮介:慢性疼痛と血行動態・血行動態の改善が疼痛の解除につながる.医学の歩み142:804,1987

・Mallet: ML,: Hadjivassiliou M, Sarrigiannis PG et al: The Role of Oxidative Stress in Peripheral Neuropathy. Journal of Molecular Neuroscience 70: 1009-1017, 2020

・永田勝太郎:機能性身体症候群(FSS)としての慢性疼痛-線維筋痛症の臨床から-. 慢性疼痛 32: 25-32, 2013

・永田勝太郎:線維筋痛症の背後に潜む疾患. 慢性疼痛 34: 191-194, 2015

・永田勝太郎, 志和悟子, 大槻千佳ほか:線維筋痛症の発症要因の追究:糖化, 酸化, 血行動態について. 慢性疼痛 39(1): 114-118, 2020

・Taegtmeyer: H,: Young ME, Lopaschuk GD et al: Assessing Cardiac Metabolism: A Scientific Statement From the American Heart Association. Circ Res 118(10): 1659-1701,

2016

・Zhang: H,: Zhabyeyev P, Wang S et al: Role of iron metabolism in heart failure: From iron deficiency to iron overload. Molecular Basis of Disease 1865: 1925-1937, 2019

・Ortancil: O,: Sanli A, Eryuksei R et al: Association between serum ferritin level and fibromyalgia syndrome. Eur J Clin Nutr 64(3): 308-312, 2010

 

 

 

 

代謝系と小径線維ニューロパチー(small fiber neuropathy)

代謝系でsmall fiberが影響を受けやすいのは血糖(グルコース)値の異常です。

 

血糖(グルコース)値は、一日中おおよそ濃度が80~140mg/dlで安定するように調節されています。

安定した血糖(グルコース)の供給は全身の臓器に必要です。

また、この濃度の範囲であれば組織は障害を受けることはありません。

 

低血糖

 

低血糖はsmall fiberに障害をきたします。

低血糖が2時間続いた場合、自律神経の働きが鈍くなり、元の戻るまで16時間以上かかるとの報告があります。

低血糖は過敏、不安、不安定、焦燥感、恐怖心、攻撃性などのさまざまな精神症状を引き起こします。

低血糖は、カテコラミンコルチゾールが過剰に分泌するため末梢の血管を強く締め、末梢の血液が足りない状態(虚血)を引き起こします。

 

血糖値スパイク

 

血糖値スパイク(食後に高血糖となりその後急降下)は small fiberに障害をきたします。

血糖値スパイク高血糖は糖化(メイラード)反応を引き起こし、神経周膜に終末糖化産物(advanced glycation end products:AGEs)を蓄積させ、神経周膜内のsmall fiberに障害を引き起こします。

血糖値スパイクにおける高血糖後の急降下酸化ストレスを上昇させます。

血糖値スパイクにおける高血糖後の急降下カテコラミンなどが過剰に分泌するため末梢の血管を強く締め、末梢の血液が足りない状態(虚血)を引き起こします。

低血糖と血糖値スパイクは、主にすい臓のランゲルハンス島から分泌するインスリンの過剰な分泌で引き起こされます。

・米井嘉一:糖化ストレスと炎症・疼痛. Comprehensive Medicine 19(1): 11-20, 2020

・永田勝太郎, 志和悟子, 大槻千佳ほか:線維筋痛症の発症要因の追究:糖化, 酸化, 血行動態について. 慢性疼痛 39(1): 114-118, 2020

・永田勝太郎, 志和悟子, 大槻千佳ほか:Flash Glucose Monitoring (FGM) 時代の血糖値の分類. Comprehensive Medicine 19(1): 21-30, 2020

 

 

 

血糖値スパイク(糖化ストレス)に起因する病気

 

血糖値スパイクなどの糖化ストレスにより生体内蛋白が糖化修飾を受けて変化し、さまざまな病気が起こります。

 

糖尿病合併症を始めとして、

 

白内障

加齢黄斑変性症

皮膚老化

骨粗鬆症

変形性関節症

アルツハイマー病

卵巣機能の低下

毛髪の老化

動脈硬化

 

などの病気の発症と進行に関与します。

・米井嘉一:糖化ストレスと炎症・疼痛. Comprehensive Medicine 19(1): 11-20, 2020より引用

 

 

 

高トリグリセライド血症

 

高トリグリセライド血症はSFNの原因となる可能性があります。

 

 

 

グルテン末梢神経障害

 

含グルテン穀物(小麦、大麦、ライ麦)の摂取はグルテン末梢神経障害を引き起こす患者さんが存在します。

・Terkelsen: AJ,: Karlsson P, Lauria G et al: The diagnostic challenge of small fibre neuropathy: clinical presentations, evaluations, and causes. Lancet Neurol 16: 934-944, 2017

・Rouvroye: MD,: Zis P, Van Dam AM et al: The Neuropathology of Gluten-Related Neurological Disorder: A Systematic Review. Nutrients 12(3): 822, 2020

 

 

酸化ストレス防御系と小径線維ニューロパチー(small fiber neuropathy)

酸化ストレス(活性酸素種など)が増え、体内にある抗酸化物質が減ると、

小径線維ニューロパチー(SFN)が発症する可能性があります。

 

私たちは、酸素を吸って生きています。

酸素は肺から血液に取り込まれ、血流に乗って全身の細胞に運ばれます。

人間の細胞や約37兆個あると言われています。

細胞のミトコンドリアでは人間のエネルギーの貨幣を言われるATPを作ります。

ATPは、いつの時点でも40~50グラムしかありません。でもこの量は1分間で使い切ってしまう量です。

ATPは常にリサイクルを繰り返し、絶え間なく作られています。

人間が生きるためには、常に十分なATPを作り続けていかなくてはいけません。

 

1日に必要なATPは約70キログラムです。

そのうちの半分は心臓で作り、心臓で使っています。

 

ミトコンドリアでATPを作るためには、酸素、ブドウ糖、多くの酵素、ビタミン類、鉄分などのミネラルが必要です。

ATPを作る過程で、酸素の約5%活性酸素種(酸化ストレス)となります。

ほどよい量の活性酸素種(酸化ストレス)は、体内に侵入した細菌やウィルスを殺します。良いこともするのです。

 

しかし、過剰な活性酸素種(酸化ストレス)は、細胞やDNAを傷め、小径線維ニューロパチーの痛み、がん、動脈硬化、認知症など様々な病気、早い老化を引き起こし命を脅かします。

例えると、体内の「さび」を作ってしまいます。

体内には元々、抗酸化物質が備わっています。

抗酸化物質には、コエンザイムQ10、ビタミンC、D、B12、E、グルタチオン、リポ酸、尿酸、ウロビリノーゲン、ビリルビンがあります。これらが十分ないと酸化ストレスに対抗できません。

 

体の外から補える抗酸化力のある食材やサプリメントがあります。

 

・二井将光:生命を支えるATPエネルギー. 講談社, 東京, 2017, p36-37

・Mallet: ML,: Hadjivassiliou M, Sarrigiannis PG et al: The Role of Oxidative Stress in Peripheral Neuropathy. Journal of Molecular Neuroscience 70: 1009-1017, 2020

 

 

 

微小炎症(慢性炎症)と小径線維ニューロパチー(small fiber neuropathy)

慢性に続く微小炎症は小径線維の神経細胞体(後根神経節)や神経終末に発痛物質炎症メディエーターを暴露させ、SFNの原因もしくは要因となります。

 

 

微小炎症の原因として

 

歯周病

変形性関節症

皮膚炎

微小気管支炎(喫煙などによる)

非アルコール性脂肪肝炎

腸内細菌叢の異常

 

が挙げられます。

 

 

・米井嘉一:糖化ストレスと炎症・疼痛. Comprehensive Medicine 19(1): 11-20, 2020より引用

 

 

血糖値スパイクなどで生じる糖化ストレス

還元糖、脂質およびアルコールに由来する中間体アルデヒドが蛋白翻訳後修飾によって蛋白糖化最終生成物(advanced glycation end products:AGEs)を生成するリスクが高まります。

 

AGEsがマクロファージ表面などのRAGE(receptor for AGEs)に結合するとIL-6やIL-1bなどの炎症性サイトカインの合成が活発化します。

 

・米井嘉一:糖化ストレスと炎症・疼痛. Comprehensive Medicine 19(1): 11-20, 2020

 

 

・米井嘉一:糖化ストレスと炎症・疼痛. Comprehensive Medicine 19(1): 11-20, 2020より引用