リハビリテーション

ごあいさつ

当院では、理学療法士をはじめ、全スタッフが、患者さんを、整形外科の疾患や運動器系の機能障害として見るのではなく、いつ、いかなる場合でも、機能障害を持った人間として見る全人的整形外科医療の視点と共通認識を持ち、全人的整形外科医療を熟知した医師のリーダーシップの下、運動器リハビリテーションを通して、チーム医療を行います。

 

そして、理学療法士として以上に、理学療法を専門分野とする全人的医療者として、皆さんと向かい合い、常に謙虚に、理学療法の知識や技術のみならず、全人的医療に関与する様々な分野の研鑽を積み、目の前の皆さん一人一人に、手を差し伸べ、笑顔に変える医療を実践したいと存じます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

当院のリハビリテーションの特徴

 

全人的整形外科医療は、

身体・心理・社会・実存的医療モデルに基づき、

運動器系の機能障害として視るのではなく、

機能障害を持った人間として視る医療です。

 

そして、常に、全人的整形外科医療の視点を外すことなく、

すべての整形外科疾患に対応できる理学療法を目指し、

培った知識と技術、態度(治療的自我と社会性)により、

 

当院の4つの治療目標である、

 

1、全人的痛みを軽くする

2、夢、希望、楽しみ、やりがいを応援する

3、未病を治し、命を守る

4、相対的健康を生成する

 

を実現します。

 

 

運動器系の機能障害に対する考え方として、運動連鎖の考え方があります。

これは、肩が痛く、動きに制限がある人でも、

股関節、体幹からの影響を大きく受けており、

それらを改善するリハビリテーションを行うことにより、

運動連鎖の乱れが改善し、結果、肩の痛みや動きの制限が改善するというものです。

私たち、理学療法士はこの考えを中心に、様々な徒手技術や適切な運動、物理療法を駆使します。

また、特殊な疾患の理解とリハビリテーション知識を要する、

筋痛性脳症(筋痛性脳脊髄炎)/慢性疲労症候群(ME/CFS)

線維筋痛症(FMS)慢性広汎痛(CWP)交通事故後の機能性身体症状などの

機能性身体症候群(FSS)のリハビリテーションを行います。

 

さらに、整形外科領域以外の器質的疾患を持った整形外科疾患の方々、

時に、致死的病態を抱えた整形外科疾患の方々にも、

相対的健康の実現を目指し、理学療法士の治療的自我を発揮したリハビリテーションを

行います。

 

 

リハビリテーションとは

運動器リハビリテーション

肩関節のリハビリテーション

腰痛のリハビリテーション

膝関節のリハビリテーショ

交通事故によるむちうち損傷のリハビリテーション

筋痛性脳症(筋痛性脳脊髄炎)/慢性疲労症候群(ME/CFS)、線維筋痛症(FMS)に対するリハビリテーション

全人的医療における理学療法士の役割

リハビリテーションの流れ

1,初診の流れ

 

① 診察後、リハビリ室待合でお待ちください。(リハビリのない方は診察待合へ)

 

② リハビリスタッフがお名前をお呼びします。

 

③ 理学療法士が評価、リハビリプログラムを立案します。

 

④ リハビリプログラム終了後、理学療法士が書類(総合実施計画書、実施計画書、リハビリプログラム)を

 

作成します。

 

⑤ 次回以降の通院についての説明をします。

 

2,2回目以降の流れ

 

① 受付で診察券、書類(総合実施計画書、実施計画書、リハビリプログラム)を提出します。

 

(診察券、書類を忘れた方は受付にお伝えください。忘れても大丈夫です。)

 

② リハビリ前にスタッフが問診をします。リハビリ待合室でお待ちください。

 

(薬や湿布等の処方をご希望される方は、問診時にスタッフにご確認ください)

 

③ 問診後、リハビリスタッフがお名前をお呼びし、リハビリプログラムを行います。

 

④ リハビリプログラム終了後、受付横のプログラム置きにファイルを置いて、診察待合でお待ちください。

 

⑤ お会計をします。